協会について

理念

  1. ふつうじゃない、それが世界を変えていく。
  2. 子どもたちにカラフルでワクワクする未来を手渡す。
  3. 「人と違う」は宝物。

協会について

LGBTs(セクシャルマイノリティ)当事者の方が抱えている課題は、実は全ての人に関わる課題です。人とは違う「少数派」であることによる生きづらさは、LGBTsだけの問題ではないからです。

レインボーかたつむり協会では、現在の日本では明確な「少数派」である、セクシャルマイノリティの方々が感じている、生きづらさを体感していただくワークを通して、人と違うこと、少数派であることは、決して劣っていることでも、間違っていることでもなく、自分とは違う「個性」を持っているだけのことだと理解していただきます。

そして、自分の中にある様々な思い込みに気づくことで、お母さんの視野を広げ、全ての子どもたちに、今よりもっと幸せで、自分らしく、生きやすい世の中を手渡すことを目的とした、ジェンダー教育・人権教育の協会です。

みんなと同じであること、人と同じスピードで進んでいくことにこだわらず、その子が、その子だけの色で輝くことを「すてきだね」と認め、一人一人違う「個性」を持った人間同士として、お互いを認め合い、良さを生かし、足りない部分を補い合っていく世界。

人と人をつなぐ、虹色の架け橋になるために、この協会を設立しました。

代表プロフィール

埼玉県にて、喫茶店を営む両親の元生まれる。幼少期、産みの母が突然いなくなり、幼稚園・小学校時代を父子家庭で育つ。中学校を目前に、育ての母がやってきて、ステップファミリーの中で育つ。
大学卒業後は、公立学校(小・中学校)教員として、15年間でおよそ2000人の子どもたちと向き合い、生徒指導主任として生徒と保護者の相談に乗る。
退職後は、コーチングを学び、自立型学習塾の経営、教育委員会や学校に招かれての講演会など、教育に関わる仕事をしながら、2018年、自身がセクシャルマイノリティであることを公表。
そこから、LGBTsを通して、多様性を認め会い、自分らしく生きることができる世界を子どもたちに手渡すために、レインボーかたつむり協会を立ち上げる。

レインボーかたつむり協会代表
鶴岡そらやす